よくあるご質問

センサーは何種類くらいありますか?
センサーは標準品および製作実績のあるカスタム品を含めて50種類以上のラインナップがあります。例えば純金属・酸化物・窒化物・炭化物系の膜だけで24種類(金、シリカ、銅、タングステン、SS、タンタル、クロム、鉄、ソーダライムガラス、アルミナ、プラチナ他)が標準品として支給可能で、これに加えポリマー系、機能化膜、アパタイト、ソイル(標準汚れ)、セルロースなどの有機物系、カオリナイト、SiC、グラフェン、ITOなどの特殊カスタム品などの提供も可能です。
また価格表にないカスタム品(合金、高純度Si、カーボン等)も製作可否につき相談を承りますので、ご提供可能な場合があります。※メーカーであるBiolin Scientific社のウェブページには製作可能な膜種として約100種類以上が紹介されております。
QCMとQCM-Dとはどう違いますか?
従来のQCM法においては周波数変化(Δf)を追跡し、質量変化のみを観察しているのに対し、Biolin Scientific社のQCM-D法においては、Δfに加え散逸(ΔD, DはDissipationの略)係数も追跡・観察が可能です。このΔDの測定が特別な付加価値を与えており、様々なソフトマターの材料特性の測定を可能にしております。
詳しくは当ページ内のブログ記事をご覧ください。
カスタムセンサーについて、オリジナル品の相談は可能ですか?
オリジナル品につきましては、材料を支給頂き且つメーカーであるスウェーデンBiolin Scientific社内の保有設備にて対応している場合は製作および提供が可能な場合があります。
また無垢の金やシリカ表面のみを成膜したセンサーなどを素材としてご提供し、ユーザー様の方で試薬や成膜装置などを使い、表面を機能化して塗膜するといったことも可能かと思います。
具体的な方法については膜作成の可否も含め弊社技術サービス部門へ都度ご相談頂ければ幸いです。
どの機種を選択すべきでしょうか?
外部測定機(エリプソメータ、顕微鏡、ポテンショスタット等)との連携や、特殊条件での測定(高温、試料の量に著しく制限あり等)などオプションモジュールを必須とする場合は、標準機種でありオプションモジュールの取り付けが容易なシングルセンサーチャンバーを備えるQSense Explorerをお勧め致します。
複数の異なる濃度条件や、異なる種類の試料の同時送液による反応挙動の違いを観察したい場合は、同時に4つまでの試料供給・送液が可能なQSense Analyzerが便利です。
複数試料で且つ長時間のランニングタイムを必要とし、自動化が必須である場合は、サンプル設置ステージとオートディスペンサープローブおよび8チャンネルのフロー系を備えるハイエンド機種のQSense Proをお勧め致します。
オプションモジュールはどれを選択すればよいですか?
オプションモジュールにはエリプソメトリーライトガイド、オープンモジュール、顕微鏡モジュール、電気化学モジュール、広域温度対応チャンバー、湿度試験モジュール、PTFEモジュール、ALDホルダーの8種類がありますので、お客様の用途に応じて適切なものをご選択ください。例えばエリプソメータと連携し、QCM-Dによる測定と、エリプソメトリーとの同時リアルタイム測定を行いたい場合は、エリプソメトリーライトガイドを用いることで、エリプソメトリーの光路をフローモジュールのセンサー反応部へ誘導することが可能です。また高価な材料のため利用できる試料の容量に著しく制限があり、通常のチューブポンプによる送液供給が実質的に不可能な場合は、オープンモジュールを用いればピペッター等で微小液滴をそのままセンサー反応部へ手動供給することが可能になります。このように各オプションモジュールについてはお客様の試験・環境条件等により最適な選択肢が異なってきますので、具体的な試験方法を弊社技術サービス部門にご連絡相談頂いた上で、最適なものをご提案させて頂く形になります。

お問い合わせ

ご質問、ご相談などございましたらまずはお気軽にお問い合わせください。